忍者ブログ
It's a Sony. THE ONE AND ONLY. Digital Dream Kids Connected Identity like.no.other make.believe National / Panasonic Technics
[299] [298] [297] [296] [295] [294] [292] [290]
オートスポーツがマクラーレン・ホンダの振り返り記事を掲載しています
主に前半戦で取材された内容を主な部分だけピックアップしているようです
http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=67231

他チームの場合はこういう記事が今まで出ることはなかったはず
ホンダ・フルワークス参戦ではなくパワーユニット供給の形では有ります。
ここまでの苦労は語り尽くせないほどの多さで、これからもこれが続くと思います

こちらにF1 2015年盤開催スケジュールのリンク先を
http://www.gpupdate.net/ja/calendar/216/2015-f1-/

ハンガリーGP ブダペスト、ハンガロリンク
F1公式サイトにダイジェスト映像が上がっています
https://www.formula1.com/content/fom-website/en/video/2015/7/Race_edit__Hungary_%2715.html

今は次戦ベルギー、スパ・フランコルシャン・サーキットでのレースまで夏休みのため各F1ニュースサイトはページビュー数を減らさないように必死に記事を見繕っている状態が続いています。
だいたいこの時期になると、古い取材情報を使って同じような内容の記事を量産するサイトも出てきます。
でもだいたいは予想通りの場所がそういうことをやっているのでよくわかっている人であれば特に気にはしないかもしれません。

F1だけでなくモータースポーツ全般が好きなので、結局先週末には「SuperGT 富士スピードウェイ300kmレース」「MotoGP アメリカ・インディアナポリス」を見ていました。今週末15,16日は特に無かった気がします

SuperGTは300クラスと500クラスでマシン規定を別々にして同じコースを走るわけですが、300クラスはARTA CR-Zが予選も決勝も絶好調のポール・トゥ・ウィン!
昨年までは無限CR-Zも参戦していましたが今年から参戦していません。
本田側のGT300 CR-Zの開発もプロジェクトがストップしている状況で、ARTA側で車体のアップデートを行っている状況のようです。
前タイ戦までは圧倒的にストレートスピードで負けていたため、まさか勝利の機会がやってくるとは思っていませんでしたが、車体に施した改善・変更が功を奏したようです。
鈴木亜久里さんのARTAチームは予選はうまくいっても決勝で不運なことが多く、同じく見ている他の人達は心配していました。
GT500クラスでは予選1位ZENT Lexus RC-F獲得 ARTA NSX Concept-GTが予選2位を獲得したため決勝に期待がかかりましたが、なんと44周目で左リアタイヤがパンク・・残念ながら完走することすら出来ませんでした。
ダイジェスト映像が公式でアップロードされています


さて、F1ではパワーユニット以外のチームにFIAなどが決めたレギュレーションにより2週間の閉鎖が行われます。
それが今週末から制限が解かれていくと噂されています。13日からFIAに申請する書類などが受付開始されるためです。
ここで夏休み返上で働いているパワーユニットメーカーのホンダがスパで投入するアップデートした部品の申請書類が提出されるため、いよいよニュースサイトがまた活発になると見られています。
かといって、マシン性能は車体とのシンクロが大切なので、レース週間にならないと実際のところわかりません。
一日でも早くトップ争いができるように交代制で24時間働いている状況との本田側への取材で判明しているため、その努力が早く報われることを願っています。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 26 27 28 29
30 31
Pixiv my Bookmark
Counter / rss
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 自由に気ままに平和ボケ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]